内臓脂肪レベルの問題:痩せる方法〜運動、サプリ、エクササイズ〜

内臓脂肪レベルの問題

内臓脂肪のレベル問題について考えて見ます。

何んでも同じ事がいえると思いますが、ある一定レベルを境にして症状は一変してしまいます。

近年、メタボリックシンドロームが注目を集めていますが、これについても同じことが言えるでしょう。

メタボリックシンドロームの診断基準は、内臓脂肪の蓄積量を基にしており、内臓脂肪の測定が大変重要になっています。

内臓脂肪を知るには、通常、腹部X線やCT画像で面積を測定して評価されます。

しかし、CT測定は高額であり被爆性も問題となるため、安易に測定する訳にもいきません。

また、簡易的にウエストの周囲を計ることもありますが、やはり内臓脂肪量は正確に測定することが望ましいとされています。

最近多くの病院では、X線の侵襲が無く簡便に、内臓脂肪面積を評価する推定回帰式を使って見えるようです。

この回帰式による推定値と、CT実測値と相関係数は、男性r=0.81、女性r=0.80となっていて、高い相関関係があるそうで、ウエストの周囲を計る方法の内臓脂肪評価よりも優れた結果となっているそうです。

また、CT実測値同様に肝機能などの臨床検査結果や血圧と有意な正の相関が認められいるそうで、日常生活で利用する健康指標としての妥当性が認知されつつあるようです。

それと、身体幹部の体脂肪量が、他の部位や全身体脂肪率に比べて顕著に高く表れた場合や、体脂肪分布で上半身型にプロットされる場合なども、内臓脂肪を推定する大きな要因になってきますから、内臓脂肪レベルは内臓型肥満のスクリーニング的な検査として有用とされているようです。

内臓脂肪面積自体を測定しているわけではなく、多数の男女を被験者としてCT測定による研究結果に基づいて解析を行い、作成した推定モデルによっているようです。

内臓脂肪蓄積のリスクを統計的に判定し、体脂肪率や脂肪量、年齢といった内臓脂肪に関係の深いパラメータなどから、CT画像で測定した内臓脂肪面積に基づくリスクレベルを推定すると言うもので、医学的判断は医師の診断は不可欠となっています。

       




内臓脂肪 減らし方

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキング

痩せる方法〜運動、サプリ、エクササイズでは、より多くの方に当ブログを閲覧して頂けるよう、以下のブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

blogking.gif

当サイト、痩せる方法では、ダイエットに効果的な運動やエクササイズ方法、

また骨盤ダイエットや話題のダイエット方法なども紹介。

骨盤ダイエット、ヨガ、ピラティスなどダイエットに関する様々な情報をお知らせします。

痩せる方法

気になるダイエット検索
相互リンク・問い合わせ

痩せる方法

テクノラティお気に入りに追加する

My Yahoo!に追加

Add to Google

  • seo

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。