エクササイズにチューブを使用:痩せる方法〜運動、サプリ、エクササイズ〜

エクササイズにチューブを使用

エクササイズをチューブを使って行なう方法を紹介しています。

より効果的にトレーニングを行うには、身体にとって負荷をかける必要があります。

当然ですが、負荷のかけ方や、道具の使い方により効果も違いが出てきます。

筋肉を大きくもっこりしたいとか、瞬発力をつけたりと目的に合わせなくては意味がありません。

ここでは、チューブエクササイズのやり方を紹介しようと思います。

この方法は、動き始めた時の負荷がゼロで、動き終わった時が一番大きな負荷となると言う特徴を持っていて、チューブの長さで負荷が変わる事を利用しています。

従い、しごく安全で自分の筋力の範囲内でコントロールが可能な事が特徴となります。

これが、ウエイトを用いたトレーニング方法と大きな違いとなっています。

ウエイトを使うと、どうしても一番最初に大きな力が必要で、無理をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

今回の、チューブでは持ち方や巻付け方次第で、自由自在にトレーニング出来る点です。

使用するチューブは、誰にでも簡単で扱いやすいループループと言うものを使ったほうが良いでしょう。

低い負荷から、結構きつめの負荷まで自在に選択できるため、組み合わせは自由で、形も輪型ですから巻きちけやすいのが特徴となっています。

☆ ポイント

1.正しい姿勢で行いましょう。(当たり前の事ですが)

姿勢により効く筋肉が違ってきますので、巻付け方を良く確認しながら、何処の筋肉に効いているかを意識しながら行いましょう。

2.戻す時はゆっくりした感じで行い、チューブの張りを感じながら戻すと良いでしょう。

注意する点は、急に力を抜くといきなり引っ張られて危険ですから気をつけましょう。

3.呼吸は自然な呼吸を心がけましょう。

どうしても力むと息を止めてしまいがちになりますので、呼吸は自然な感じで行うことは安全の意味においても大切なことです。

4.自分に合った適度な回数を行いましょう。

無理をして、一度に多く行うことは効果的ではありませんので、少しきついと感じた所から2〜3回頑張るような目標を持つと良いでしょう。
それと、毎日行う必要は有りませんから、最大でも1日おきか、最低でも1週間に1回は行うようにして下さい。

       




下腹引き締め・エクササイズ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキング

痩せる方法〜運動、サプリ、エクササイズでは、より多くの方に当ブログを閲覧して頂けるよう、以下のブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

blogking.gif

当サイト、痩せる方法では、ダイエットに効果的な運動やエクササイズ方法、

また骨盤ダイエットや話題のダイエット方法なども紹介。

骨盤ダイエット、ヨガ、ピラティスなどダイエットに関する様々な情報をお知らせします。

痩せる方法

気になるダイエット検索
相互リンク・問い合わせ

痩せる方法

テクノラティお気に入りに追加する

My Yahoo!に追加

Add to Google

  • seo

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。