内臓脂肪の燃焼:痩せる方法〜運動、サプリ、エクササイズ〜

内臓脂肪の燃焼

内臓脂肪の燃焼について取り上げています。

私たち人間の体脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。

皮下脂肪とは読んで字のごとく、皮膚のすぐ下を摘むことができる部分の事で、蓄積される脂肪のことです。

一方、内臓脂肪は腹部などの内臓の各器官の周りにつく脂肪のことです。

この内臓脂肪は、女性よりも男性の方が、また、加齢とともに蓄積しやすくなる傾向の脂肪です。

☆ 内臓脂肪を燃焼する必要性

内臓脂肪は皮下脂肪に比べると、脂肪を溜めやすい分取り除きやすいという性質があるもので、内臓脂肪は付きやすく落ちやすいですが、皮下脂肪は逆に落ちにくいと言われています。

そして、内臓脂肪が過剰になると、メタボリックシンドロームと呼ばれる状態になり、そのような状態になると、糖尿病や高血圧及び高コレステロール血症などになり、やがては動脈硬化による脳卒中や心筋梗塞につながる可能性が高くなると言われています。

そこまで行かないまでも、内臓脂肪が溜まってしまうと器官の動きがにぶり、脂肪が横隔膜を押し上げて胸腔を圧迫しますので、軽く動いただけで息切れしてしまったり、痩せ難い体質になったりしてしまいます。

☆ 内臓脂肪燃焼方法

1. 腹式呼吸

過剰となった内臓脂肪の燃焼に有効と言われるものは、呼吸による横隔膜運動により内臓を刺激し燃焼する方法になります。

腹式呼吸方法は、空気を深く吸って長く吐くものですが、空気の出し入れによって横隔膜と腹筋が同時に動き、その結果エネルギー消費が増える事により、基礎代謝量が上がり太りにくい体質に変わってきます。

また、腹直筋や大胸筋なども同時に鍛えられ、内臓脂肪の燃焼効果もあるとされています。

更には、肺活量が増えた結果、ダイエットの効果も得ることができます。

2. 身体を温める

内臓脂肪には、体温が下がらない様に保温したり、内臓を周囲から囲んで保護する役割があります。

つまり、冷え性の方ほど身体に脂肪を溜めこもうと働き、内臓脂肪を蓄積する傾向がありますので、冷えやすい時期には積極的に入浴や運動などで発汗を促す事で、代謝を活性化させ内臓脂肪を燃焼させる必要があります。

       




内臓脂肪 減らし方

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキング

痩せる方法〜運動、サプリ、エクササイズでは、より多くの方に当ブログを閲覧して頂けるよう、以下のブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

blogking.gif

当サイト、痩せる方法では、ダイエットに効果的な運動やエクササイズ方法、

また骨盤ダイエットや話題のダイエット方法なども紹介。

骨盤ダイエット、ヨガ、ピラティスなどダイエットに関する様々な情報をお知らせします。

痩せる方法

気になるダイエット検索
相互リンク・問い合わせ

痩せる方法

テクノラティお気に入りに追加する

My Yahoo!に追加

Add to Google

  • seo

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。