産後ダイエットの成功のツボ:痩せる方法〜運動、サプリ、エクササイズ〜

産後ダイエットの成功のツボ

産後のダイエットを成功させるためには、産後に自身の身体はどのように変わったのかを、知ることから始めなければなりません。

妊娠や出産で産後太りしてしまっている身体をシェイプアップして、産後6ヶ月間以内に妊娠前の体型に戻すことを、産後ダイエットと呼ばれています。

妊娠中は女性ホルモンの働きが活発になり、胎児に栄養を与えようと食欲が旺盛になり、脂肪が蓄積されるようになります。

それと、妊娠中は運動ができませんので、消費カロリーは当然減ってしまい、筋肉が衰えることで太りやすい体質になります。

この妊娠中にできた脂肪は、普通の脂肪とは違て水分を多く含んだサラサラな状態の脂肪になります。

脂肪がサラサラな状態の時に、産後ダイエットを成功させれば、思うようなスタイル維持ができるでしょう。

逆に考えると、産後6ヶ月以内にダイエットを成功しないと、 思うようには体重が戻らず苦労することになるでしょう。

通常のダイエットは食事制限やカロリー制限を行い、痩せることに重点を置いていますが、産後の場合は妊娠中に運動が制限されていますので、体力が落ち妊娠中に衰えた筋肉を回復し、低下した基礎代謝を以前の状態に戻す事が重要となります。


☆ 妊娠中の脂肪の定着

妊娠中の脂肪は、産後約6ヶ月以内なら落としやすい性質の脂肪なのですが、そのまま放置しておくことで定着してしまい、落としにくい脂肪に変化してしまいます。


☆ 基礎代謝が落ちる

妊娠中は、運動不足になりがちで筋肉量が減退します。 それが原因で、身体の筋肉は衰え筋肉量も減少します。反面、脂肪の割合が増えていますので基礎代謝量が低下し、その結果、カロリー消費が低下して太りやすい身体になることが産後太りの原因です。


☆ 骨盤が開き脂肪がつく

出産とは、産道を赤ちゃんが通り骨盤が開いた状態になりますので、脂肪がつきやすく下半身太りになりやすいです。


☆ 骨盤が歪むと?

・ 基礎代謝量が落ちて太りやすい体質になりやすいでしょう。

・ 特に下半身の血行が悪くなり、むくみや冷え性の原因になるでしょう。

・ オー脚やエックス脚が悪化する可能性があります。

・ お尻周りに脂肪がつきやすくなるでしょう。

・ 身体の内臓もバランスを崩し、内蔵を守るようにと皮下脂肪を蓄えるでしょう。

・ 開いた骨盤内に内臓が入り込み、ぽっこりお腹やお尻が大きくなるでしょう。

       




産後エクササイズ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキング

痩せる方法〜運動、サプリ、エクササイズでは、より多くの方に当ブログを閲覧して頂けるよう、以下のブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

blogking.gif

当サイト、痩せる方法では、ダイエットに効果的な運動やエクササイズ方法、

また骨盤ダイエットや話題のダイエット方法なども紹介。

骨盤ダイエット、ヨガ、ピラティスなどダイエットに関する様々な情報をお知らせします。

痩せる方法

気になるダイエット検索
相互リンク・問い合わせ

痩せる方法

テクノラティお気に入りに追加する

My Yahoo!に追加

Add to Google

  • seo

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。