産後の骨盤ダイエット:痩せる方法〜運動、サプリ、エクササイズ〜

産後の骨盤ダイエット

産後の骨盤ダイエットの目的は、子宮の回復や悪露(おろ)の排泄を良くする事や、出産の疲れを取り除き母乳が出やすくなる働きがあります。

また、妊娠中の反り返った姿勢を改善し、骨盤底筋群を引きしめる事が目的となります。

産後の骨盤ダイエットは、腹筋を鍛える体操と、膣や柔らかくなった産道を締めるといった体操がメインになっています。

一番簡単な方法は、お尻や膣部分に力を入れることから始めましょう。

これは、ベットの中でもいいですし、手洗いをしているときなど立った状態でも出来ますので意識してみましょう。

まずは、自分の体調に合わせて、無理なく行なうことが大切です。


■ 産褥(サンジョク)体操

この体操は、妊娠や出産により起こった、全身的及び部分的変化の回復を図るために、産褥期に行う体操のことをいいます。

一番最初の段階では、複式呼吸や胸式呼吸などを行い、一週間程度様子を見ましょう。

もし、調子が良いようであれば、散歩などの軽い運動で産後ダイエットを始めてみましょう。

身体の状態を見ながら、少しずつ運動量を増やして骨盤ダイエットなども取り組んでみましょう。

骨盤は、妊娠や出産によって緩んでいますので、骨盤バンドやクッションなど身体に負担のないように取り入れてみましょう。

注意する点ですが、恥骨や仙骨が緩んでいるような時に、スクワットや開脚運動などは絶対に行わないでくださいね。

それともう一つ、重量のある荷物を持つ事も恥骨や仙骨に力が入り過ぎますので避けてくださいね。

少し恥ずかしい話ですが、トイレへ行った時には、尿を出している時に一度に出さず途中でお腹に力を入れて、2〜3度ほど尿を止めてみてください。

このようにすることで、筋肉を締めるコツが分かってきますから。

上記の動きを、普段の生活で取り入れて、骨盤底筋群を締める癖をつけましょう。一案として、寝る前と目覚めに回数を決めて行なうと効果的ですよ。


■ 産後の骨盤ダイエット

妊娠中や出産時に緩んでしまった骨盤を、正常な状態に戻す事が目的の産後の骨盤矯正ダイエットです。

通常、妊娠中に骨盤は胎児の大きさに合わせて徐々に開き、出産時に産道を開くため恥骨間が開き、仙骨が後ろへ移動してしまいます。

当然、産後の骨盤は正常な状態ではいられなくなります。

産後、数ヶ月間かけて骨盤は元の位置に戻ろうとしますが、筋肉の低下などで歪んだままになってしまう事も珍しくありません。

歪んで開いた骨盤は、腰痛などが起こりやすくなったり、痩せにくくなったりします。

       




骨盤体操・エクササイズ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキング

痩せる方法〜運動、サプリ、エクササイズでは、より多くの方に当ブログを閲覧して頂けるよう、以下のブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

blogking.gif

当サイト、痩せる方法では、ダイエットに効果的な運動やエクササイズ方法、

また骨盤ダイエットや話題のダイエット方法なども紹介。

骨盤ダイエット、ヨガ、ピラティスなどダイエットに関する様々な情報をお知らせします。

痩せる方法

気になるダイエット検索
相互リンク・問い合わせ

痩せる方法

テクノラティお気に入りに追加する

My Yahoo!に追加

Add to Google

  • seo

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。